美食の街・京都で磨かれた焼肉を、東京でも。
1965年 京都で誕生した「焼肉の名門 天壇」の味が東京銀座へ。 創業以来、ずっと守り続けられているお出汁のようなタレで食べる焼肉。肉の旨みをよりよく引き出すように計算された特製のタレは京都で永く愛されている秘伝のタレとなっています。 また店内は「モダンみやび」をテーマに、さりげなく京都を感じられる華やかな空間を意識しています。 銀座を一望するモダンな和風空間。眺めの良いカウンター、くつろげる個室で、スマートに焼肉をお楽しみ下さい。

焼肉の名門 天壇

焼肉の名門 天壇

焼肉の名門 天壇は昭和40年京都・祇園で創業した焼肉レストランです。
1965年 京都で誕生した「焼肉の名門 天壇」の味が東京銀座へ。
「天壇の味を是非関東でも」という熱心なお声を長年頂戴し、2009年、歌舞伎座の目の前の当ビル10階に銀座店をオープンいたしました。地元のお客様のご支持とともに進化してきた伝統の味とサービスで素敵な時間をご提供いたします。

ロースへのこだわり

ロースへのこだわり

天壇で一番人気のメニュー、ロース。 天壇では “サーロイン”と“リブロイン”といわれる部位のみをロースとしてご提供しております。 “サーロインロース“は牛肉を代表する部位で、サシを含みやすく、きめ細かな肉質で形状も肉厚にカットすればそのままステーキに使える部位です。
“リブロース“はサーロインよりサシの強い部分を含み、肉のきめ細かさ、脂のリッチな旨みの両方を味わうことができます。そのロースを薄切り・大判でカットしご提供するのが天壇流。つけタレとの相性が抜群で、お肉の甘さを口いっぱいに広がります。また、銀座店ではそのロースを薄切りにし3枚に重ね合わせて焼いて頂く「ミルフィーユロース」も名物メニューのひとつとしてご提供しております。是非ご堪能ください。

黄金色に透き通った、お出汁のようなタレ

黄金色に透き通った、お出汁のようなタレ

京都の焼肉が、他と違うところ。それはお出汁のようなタレで食べるというところです。天壇では1965年の創業以来、このタレを変わらずご提供し続けており、そのため京都では同じような色のタレを出す焼肉店が多いと言われています。牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁は、さっぱりしていて、コクがあり、肉の旨味を引き立たせてくれます。

このお店の人気プラン

※上記金額は、お一人様(消費税・サービス料込み)の金額です。

空席カレンダー
< 2017年 12 >

◯:即予約可

■:リクエスト予約可

×:予約できません

基本情報

天壇 銀座店

ジャンル

焼肉・ホルモン

平均予算

ランチ 1,000円~1,999円

ディナー 6,000円~7,999円

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-19

交通手段

東銀座駅4出口から徒歩約1分

東銀座駅A7出口から徒歩約3分

銀座駅A5出口から徒歩約4分

お支払い

カード:可(AMEX、Diners、JCB、MASTER、VISA)

駐車場

無し

その他

席数:63

喫煙可否:全席喫煙可

電話番号

電話番号を見る

天壇 銀座店

03-5551-1129

お問い合わせの際は
「Yahoo!ダイニング」を見たと言うとスムーズです。

閉じる

ネット予約なら24時間いつでも予約ができます。
ネット予約はこちらから。